山鹿灯籠まつり

2016年8月16日

1000年以上受け継がれてきた熊本三大火祭りの一つ「山鹿灯籠まつり」。
松明(たいまつ)行列の燃料にReESELが採用されました。
廃食用油の収集に“女性ネットワークやまが”、廃食用油の回収~ReESEL生産を弊社、
祭り運営は“山鹿商工会議所”が行うという、
郷土にあふれる愛情をエネルギーに循環させた
環境配慮型のお祭りモデルを提起しました。

女性ネットワークやまが役員の皆様参集の下、
たいまつに灯火が行われました。
各々の想いをのせた希望の灯は、山鹿の街を照らしながら
千人灯籠の会場まで無事たどり着くことができました。

山鹿市各所の廃食用油回収は、
“女性ネットワークやまが”の地区役員主動にて行われ、
山鹿市の各家庭、地域コミュニティー、給食センターなどから
たくさんの廃食用油が集まりました。